🍀


2022年7月2日


「ただいま」
「お帰り」
「JAZZコンサートどうだった」



2022年5月15日(日曜)pm3:30
ナスモクラブJAZZコンサート

演奏
ダイナマイツのバンドメンバー7名

サプライズ ジャムセッションで
"えりのあ"さんと伴奏の方(ピアノ.ボーカル)

《お招き》
近隣の方達
ロイヤルバレーの方達
四季の郷の方達
自然村の方達
俳優の鈴木正幸様ご夫婦
(金八先生の巡査役)
えりのあ様 
(シンガーソングライター)
約60名と通りすがりの方達
演奏者、ナスモクラブスタッフ
計約80名


皐月の風に吹かれて
深呼吸が天まで届く
野外JAZZコンサートでした
ありがとうございました
蜂須賀


JAZZコンサート
5月15日(日)那須高原の天気
そよ風 強い陽射し無く 完璧です。
お待ちしています。



2022年5月14日
JAZZコンサート明日開催致します。
(雨が降りませんように・・・  m( _ _ )m )




2022年5月2日


2022年3月28日
神田川に架る小滝橋の桜🌸です。
20歳の頃、
隣の都営バスの洗車のアルバイトをしてました。
君とは誰?
自分自身かも知れません。
神田川沿いに美味しい甘味屋さんがあります。
青春の苦味を、優しく包んでくれる甘さでした。


2022年3月3日
春の訪れ チューリップ
花言葉「思いやり」


***
2022年3月3日
在日ウクライナ大使館に、僅かですが
10万円の寄付とメッセージを送りました。

ウクライナの人々を人柱にしてはならない

独裁者プーチン(ロシア人では無い)
に攻め込まれ破壊され、どの国にも助けてもらえず、
死んで行くウクライナの人々に、この地球はどのように見えるのだろうか。

ダッカ日航機ハイジャック事件において、
福田赳夫首相は「1人の生命は地球より重い」と決断しました。

人の命とは、1人の命のことです。

橋を守る為と言う大義名分に、人柱を立てる「愚か」がありました。

特攻を思いつき実行した人は誰。
「お母さん!」と叫んで死んで行った少年と残された母。
そして滅びた国と山河。

その1人の命が我が子の命であっても
橋より軽いのでしょうか

その少年の命を救うことこそ国の
「明日に架ける橋」と成ったでしょう。

バイデン大統領は、わざわざ
「第三次世界大戦から世界を守るため、軍事介入はない」と明言し、
犯罪者を勇気づけています。
犯罪者は明確に取り締ら無ければなりません。

人の命が、理不尽に失われて行く映像を、ただ見守るだけの世界に、
守るべき何が残されているのでしょう。

アウシュビッツの1人のユダヤ人の命を救う「思い」がヒトラーを排除しました。

バイデンもNAToも日本も
ウクライナを人柱にしてはならない。

まして、その橋を渡るのは独裁者プーチンとオリガルヒです。

政治的特権が独裁者を産み出し核戦争を引き起こすでしょう。
世界の核兵器の1元管理、1括廃棄が成されない限り、核戦争は常に明日の事です。

「核兵器で脅す独裁者に、ひれ伏して共に仰ぐ天はない!」
ウクライナの人々の声に涙が滲んでしまいます。

セイユウリゾート
蜂須賀知


2022年1月

2021年12月

2021年6月

2021å¹´3月 

2020年11月

2020年5月

2020年5月

2020年1月

2019年6月

2018年12月

2018年7月

2017年12月

2017年7月

2016年7月

2015年12月